世界の歩き方(世界一周記)SHIMO-JOURNEY

To see the world, things dangerous to come to, to see behind walls, to draw closer, to find each other and to feel. That is the purpose of life.

世界一周旅行記〜パリParis①(ダヴィンチコード,ローズラインRoseline)編〜動画あり


世界一周マイルを利用し2ヶ国目はフランスのパリ。(2017年12月26,27日)

パリと言えば過去の記事にも記載しましが、

オランダのアムステルダムでのハッピーニューイヤーイベント後に、

パリに移動するはずが、行けなくなってしまったという念願の場所です。

あれから4年越しのフランスです。

パリでこの目で確かめて体感したいものは沢山あります。

私の好きな著者の方達が書いてる場所や、歴史的な場所や、宗教的な場所など。

ダンブラウン氏のラングドンシリーズ「ダヴィンチコード」で話題になった「ローズライン」「ルーブルの下に眠るマグダラのマリア」

原田マハさんのパリを舞台にしたゴッホと林忠正を題材にした「たゆたえども沈まず」やルソーの「楽園のカンヴァス」ピカソの「暗幕のゲルニカ」などでも出てくるパリ。

行きたいところや見所が沢山あります。


まずは、スイスからパリのシャルルドゴール空港へ到着。

パリParisシャルルドゴール空港

パリParisシャルルドゴール空港

空港からは鉄道を利用しパリ市内へ移動。

パリParis9区「ピガール駅」前

パリParis9区「ピガール駅」前

パリParis9区「ピガール駅」前

パリParis9区「ピガール駅」前

ホテルはムーランルージュやモンマルトルの近くの駅「ピガール駅」付近のパリ9区の「Astotel Paris」
凄く感じの良い受付のスタッフで、当たりのホテルでした。

ホテル到着は夜中でしたので、早速就寝して翌朝まずは「休館日のルーヴル美術館」に向かう事に。

翌日狙っていたのは「休館日のルーヴル美術館」です。
理由は・・・

この季節(12月末〜1月初旬)にかけて、この角度から
「ダイヤモンドルーヴル美術館ピラミッド」が見れるんです。

ホテルを出てパリ9区からルーヴルまで歩きます。

パリ9区のホテル前

パリ9区のホテル前

サントトリニティ教会

サントトリニティ教会

どんどん南下していきます。

ギャラリーラファイエット

ギャラリーラファイエット

オペラガルニエ

オペラガルニエ

オペラガルニエ

オペラガルニエ

オペラ・ガルニエを越したらもう5分程でルーヴル美術館に到着します。
そしてようやく入り口が見えてきました。

ルーヴル美術館入り口

ルーヴル美術館入り口

そして案の定人は少なく「ダイヤモンドルーヴルピラミッド」をゲット。

ダイヤモンドルーヴル美術館ピラミッド

ダイヤモンドルーヴル美術館ピラミッド

ダイヤモンドルーヴル美術館ピラミッド

ダイヤモンドルーヴル美術館ピラミッド

 

朝から激しく人が並ぶルーヴル美術館は、休館日の木曜日はこのように人がほとんどいません。

さー、ダイヤモンドルーヴルを拝んだところで、
「ダヴィンチコード、一人ローズラインRoseLineツアー」を開始したいと思います。

まずは、シラスが向かった「サンシュルピス教会」に向かいます。

ルーヴルを背にして左側に向かいます。
セーヌ川方向に向かい、セーヌ川を渡ります。

チェイルリー庭園

ルーヴルを背にしてチェイルリー庭園

ルーヴル美術館セーヌ川の上

ルーヴル美術館セーヌ川の上

オルセー美術館

オルセー美術館

ルーヴル美術館の向かい側(セーヌ側を挟んで)にオルセー美術館がどっしり構えています。ここにも数々の画家の名画が展示されています。
(パリ滞在6日目に訪れます)

セーヌ川沿い

セーヌ川沿い

ここを歩くと原田マハさんの「たゆたえども沈まず」を思い出します。笑

ノートルダム大聖堂

ノートルダム大聖堂

ノートルダム大聖堂

ノートルダム大聖堂

少し寄り道をして「ノートルダム大聖堂」に寄りました。

リュクセンブルク公園ローズライン

リュクセンブルク公園ローズライン

ローズラインRoseLineの「リュクセンブルク公園」に先に立ち寄り、
すぐ近くの「サンシュルピス教会」に入ります。

サンシュルピス教会

サンシュルピス教会

サンシュルピス教会

サンシュルピス教会

「神聖な」というか歴史を感じる教会独特の空気です。見事なゴシック建築です。

サンシュルピス教会

サンシュルピス教会

サンシュルピス教会

サンシュルピス教会

ありました、ローズラインRoseLineのオベリスクです。

サンシュルピス教会ローズラインRoseLine

サンシュルピス教会ローズラインRoseLine

サンシュルピス教会ローズラインRoseLine

サンシュルピス教会ローズラインRoseLine

サンシュルピス教会ローズラインRoseLine

サンシュルピス教会ローズラインRoseLine

シラスが床を破壊したと思われる場所です。

ちょうどお昼時でしたのでミサの声が聞こえてきました。

という事で、このあとはローズラインRoseLineの冒険はイギリスはロンドンの地に移動し「テンプル教会」「ウェストミンスター寺院」
そして、スコットランドの「ロスリン礼拝堂」と移動し、
またパリに戻ってくるわけですが、
今回の世界一周旅行では、その全ての地に行って来ましたので、後日の記事でご紹介したいと思います。

この続編の記事は、最後にパリに戻ってきたラングドン教授がストーリーのラストシーンで大発見をする「マグダラのマリア」が眠る場所とされている「RoseLine」の場所を、私も大発見しましたので紹介したいと思います。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2022 世界の歩き方(世界一周記)SHIMO-JOURNEY

テーマの著者 Anders Norén