世界の歩き方(世界一周記)SHIMO-JOURNEY

To see the world, things dangerous to come to, to see behind walls, to draw closer, to find each other and to feel. That is the purpose of life.

世界一周旅行記〜スペインSpain,ビルバオのバル,ピンチョス編Bilbao〜(動画あり)

世界一周マイルを利用し3ヶ国目「スペインSpain」のバスク地方のビルバオBilbao編を紹介します。(2018年1月2日)

前回の記事ではゲルニカGuernicaに行き「ピカソPicassoのゲルニカの壁画」を見てきました。
そのゲルニカからビルバオにバスで戻り、ビルバオの旧市街を散策します。

Guernica「Gerutokia」のバス停から「Abando」のバス停まで戻り、Abando駅からすぐ東の方「旧市街」に向かいます。赤枠の「新広場」と書いてあるあたりです。

上の地図で「ネルビオン川」を挟んで東がモダンな建物や昔ながらの有名バルが沢山ある「旧市街」。
ネルビオン川の西が「グッゲンハイム美術館」などやデパートがある新市街。
という感じで川を挟んで新旧の街並みや教会などの建造物、バルを楽しめるのがビルバオなんです。

橋を渡ると、前方に良い感じのモダンな建物が見えてきます。

橋を渡る様子を動画撮影しました。

スペインビルバオ旧市街

良い感じの路地が沢山あります。
路地に誘われるように吸い込まれていきます。

1月2日なのでHappy New Year模様です。
日本人は私以外全く見かけませんでした。笑

路地の中にも小さい広場が出てきます。

そうです、この広場の付近が有名な「Plaza Nueva」という美味しいバルが沢山ある広場なんです。

橋を渡って旧市街に入ってから歩いて5分ほどで到着できます。

スペインビルバオ旧市街ヌエバ広場

動画もどうぞ。

世界中のグルメが集まると言われているビルバオ旧市街のヌエバ広場。Plaza Nueba.
中でも 、ビンチョス大会で優勝経験を持つシェフがいるという、
「GURE TOKI」にどうしても行きたく直行。

スペインビルバオヌエバ広場のGURE TOKI

さすがです。1月2日の昼から一番人気でした。

店内へ、グイグイと入っていき、なんとか注文を。
店員さんも非常に忙しそう。

本場のバルでの注文は初めてだったのですが、驚いたのは注文方法と料理の出てくる形態。

注文は写真に写ってるそれぞのの品を口頭で注文。
出てくる形式は、小皿に入れてあっためて出てくる。シンプル。

生ハムが美味しい。生ハムの中に、サーモンやサラダが入っていて、ソースも絶妙な味で美味しい。

美味しそうな写真で撮れませんでしたが、全部美味しかったです。

さすがは一番人気の「GURE TOKI」でした。ここは是非オススメです。

そして、勿論ヌエバ広場を食べ歩きします。

続いては、こちら。「La olla」

スペインビルバオヌエバ広場のolla

中のスペースが広くて綺麗で入りやすそうなバルでしたので入りました。

スペインビルバオヌエバ広場のLa olla店内

中には結構人が多い。そして「GURE TOKI」よりもメニューが豊富!?

スペインビルバオヌエバ広場のバル La olla
動画もどうぞ。

プハー、、「La olla」では沢山食べてしまいました。

ここも「GURE TOKI」に負けず劣らず美味しかったので、オススメです。

そして、ヌエバ広場を後にして旧市街をグッゲンハイム美術館方面(ホテル、ドミネ)に向かいながら散策します。

旧市街からだと、下記の地図のように「ネルビオン川」沿いを歩くと気持ち良いので、オススメです。途中で「スビスリ橋」も見れます。

ビルバオ旧市街からグッゲンハイム美術館までの歩き方

スペインビルバオ旧市街ネルビオン川沿い

スペインビルバオ旧市街ネルビオン川沿い

奥の方に「スビスリ橋」が見えてきます。
「スビスリ」は「白い」という意味らしいです。

スペインビルバオ旧市街ネルビオン川沿い スビスリ橋

ビルバオのピカソ展

川沿いを歩いていると、なんと、正月期間限定で「ピカソ展」が開催されていると。これは明日行ってみようとおもいます。

スビスリ橋を通り越すと「サルベ橋」「グッゲンハイム美術館」が見えてきます。↓

ヌエバ広場から、サルベ橋まで歩いて15分〜20分ほど。

ビルバオサルベ橋の下

サルベ橋の下はカラフルなアートで彩られています。

そして、サルベ橋の下から上に階段で上がれるアウトローな道を発見しました。
ここから見る、グッゲンハイム美術館は格別です。非常にオススメ!

階段を上がり、徐々に上にあがります。そしてその度にパシャり。

橋の上に出ました。グッゲンハイム美術館、海辺に浮かぶ軍艦のようでカッコいーですねー。

ママン、グッゲンハイム美術館

六本木にもいる「ママン」がいますね。世界で6体だけ。後日また詳細記載します。

そして、グッゲンハイム美術館の名物犬「パピー」こちらも前回の記事で書きましたが、後日グッゲンハイム美術館ツアーの記事でまた記載します。

そして、グッゲンハイム美術館の目の前にあるホテル「グラン ホテル ドミネ ビルバオ」に到着し本日は終了。

最後に珍事件があったので紹介です。

ホテルで夕食を取ることにしたのですが、バルで食べた生ハムが美味しかったので、ホテルでも「生ハム」と「チーズ」を注文してみました。

そしたら、こんなに出てきました。笑

生ハムだけで、勿論お腹一杯になってしまいました。

が、大満足でした。笑

とにかくビルバオのバルは美味しい。また行きたい街となりました。

それでは、次回の記事では「ラングドン教授シリーズ」「オリジンorigin」登場シーンの「グッゲンハイム美術館ツアー」の記事を紹介したいと思います。

お楽しみに。

 

 

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2022 世界の歩き方(世界一周記)SHIMO-JOURNEY

テーマの著者 Anders Norén