世界の歩き方(世界一周記)SHIMO-JOURNEY

To see the world, things dangerous to come to, to see behind walls, to draw closer, to find each other and to feel. That is the purpose of life.

世界一周旅行記〜アマゾン川を泳ぐぞ⑥〜アマゾン川ツアー3日目(動画あり)

世界一周マイルを利用し世界一周旅行の7ヶ国目 ペルーのイキトスから入る「アマゾン川」!(2018年1月15日)

前回記事ではアマゾン川ツアー2日目の模様を記載しましたが、今回の記事ではツアー3日目の様子を書いていきます。

そう、今日は何と言っても、私が幼少期から持っていた夢、、
「アマゾン川を泳ぐ」日です。

今日は朝から少し曇っていましたが、そんなアマゾン川も美しい。

早朝からボートで出発し支流へ入っていきます。

なんと、今日の「朝食」はここで!!

アマゾンの密林の中(支流の上)での朝食です!

アマゾン川でボートの上で朝食/AmazonRiver’s breakfast

アマゾン川でボートの上で朝食/AmazonRiver’s breakfast

ボートの上で朝食。もー最高です。。

まさかアマゾン川のボートの上で朝食を食べれるとは思っていませんでした。

そして、朝食を食べ終わり移動します。

村が見えてきました。どうやらここに立ち寄るようです。

村のワンちゃんがお出迎えしてくれました。

なんだ、、この愛くるしい子犬は、、、犬好きの私にはたまりません。

アマゾン川支流の村の子犬/AmazonRiver’s dog

アマゾン川支流の村の子犬/AmazonRiver’s dog

可愛すぎですよね??笑
動画も撮ったので、悩殺Amazon’s dogを是非ご堪能ください。

別のわんちゃんもきました。この村のわんちゃんは皆、人間が好きなようです。笑

アマゾン川支流の村の子犬/AmazonRiver’s dog

笑ってるように見えますね。笑
嬉しそうです。

村の方々はこんな料理を食べています。流石に食べれませんでした。。

そして、村での体験が終わり、いざ「Amazon River Swim」へ!

アマゾン川を泳ぐ/I swam in Amazon River

アマゾン川を泳ぐ/I swam in Amazon River

ドボーン!と、アマゾン川に飛び込み、、、

やっと、小さい頃からの夢が実現出来ました!!

アマゾン川、気持ち良い〜。

生命の源「アマゾン川」。この日私は誕生日。

誕生日に合わせてアマゾン川を泳げるように計画してツアーに参加したかいがあり、本当に貴重で充実した体験をする事が出来ました。

アマゾン川ツアーの客船の昼食

アマゾン川ツアーの客船の昼食

散々泳いだあと、客船に戻りシャワーを浴びて昼食へ。

さー仕切り直して、午後はアマゾン密林ツアーです!

なんと、虹が見えました!ラッキー。

うっそうと生い茂る密林に入っていきます。

とにかく「蚊」が多いので「蚊よけスプレー」は必須です。
蚊よけスプレーやクリームを塗りたぐっても、わんさか寄ってきます。

出ました!タランチュラ!

苦手な人はこの写真サイズでも、もーアウトですよね。

カメレオン!

これはなんだか分かりませんが珍しいらしいです。

そして、ついに現れました、アナコンダ!!

現地の案内人が、アナコンダと格闘している動画を撮影したのでどうぞ。

すごいですね。格闘も終了しジャングルを抜けていきます。

ようやく、出口にきました。これにてジャングルツアー終了です。

帰りにはお土産も買えます。

帰りにスコールにあいました。不安定な天気でもあるアマゾン。

そして、客船に到着し、夜は最高のパーティーがありました。

アマゾン川でのバースデーケーキ/BirthdayCake on the AmazonRiver

なんと、客船の方々がBirthday Cakeを用意してくれてました。

素晴らしいサプライズを本当に有難う!!

皆で楽しく踊っている動画はこちら。

このアマゾン川クルーズツアーは「アクアエクスペディション」というツアーに参加したのですが、非常に良かったので本当にオススメです。

個人的にはもう一度アクアエクスペディションでアマゾン川クルーズツアーに参加しようと思っています。

こうして3日目のアマゾン川クルーズツアーが終了しました。

次回は4日目最終日のツアー内容と、ついに天空の城「マチュピチュ」に行く為のクスコへの道中をご紹介します。

それではお楽しみに。

次へ 投稿

返信する

© 2022 世界の歩き方(世界一周記)SHIMO-JOURNEY

テーマの著者 Anders Norén